民間ローンとメリット

民間ローンの概要とそのメリットに焦点をあてて説明をします。一般には金利が低ければ低いほうが当然有利となります。たとえば金利上昇のような局面を迎えた場合には、固定金利での民間ローンを優先することが重要なポイントになり得ます。

この他に、返済方法や返済期間も考えて、自分により有利な民間ローンを選ぶことが大切です。民間ローンには大きく分けてそれぞれ、銀行ローン、生保ローン、ノンバンクローン、社内融資ローン、親からの借金など5種類あり、それぞれメリットが異なる。第一に、銀行ローンの概要としては、現在、短期プライムレート連動の変動金利型と、言ってい期間だけ固定金利の「固定金利選択型」が主力商品である。金利に上限を儲けた「金利キャップ型」など、バリエーションも多くあります。

キャンペーン金利を適用して、他行と差別化を図るところもあります。銀行ローンの特色やメリットとしては、公的ローンに比べて融資にっ対する条件が少なく借りやすいことと、他の金融機関に比べて窓口が多いことがあげられます。第二に、生保ローンの概要としては、保険料収入を原資とするため、以前から長期固定金利型の住宅ローンを取り扱っています。また、窓口が少なく提携ローンの形が多くあります。生保ローンの特色やメリットとしては、長期固定金利型の住宅論があることがあげられます。


第三に、ノンバンクローンの概要としては、信販会社、クレジット会社などの住宅ローンがあります。金利は銀行、生保などより高いことが多く、また、融資割合が価格の90%から100%などと高いケースが多くなっています。このノンバンクローンの特色やメリットとしては、融資割合が高いので、頭金が不足する際などに利用できることがあげられます。第四に、社内融資という民間ローンがあり、企業によって仕組み、融資額、金利などいろいろなケースがあります。この社内融資での特色やメリットとしては、抵当権の設定が不要な場合、自己資金扱いになることがあげられます。第五に、親からの借金も考えられます。

この概要としては、きちんと借用書を作成し、返済も銀行口座などへ毎月振り込む形をとる(そうしないと、贈与とみなされる恐れがあるからである)。また、金利は一般の住宅ローンより、多少低くてもかまわない。このおやからの借金における特色やメリットは、他の住宅ローンよりも低い金利を設定できることがあげられます。因みに、民間ローンでマイホームの購入や新築のためには、自己資金がいくらくらい必要になるか、頭金、諸費用、引越し代などを具体的に事前計算しておくことが重要になります。